1. 無料アクセス解析
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-22

GPS将棋をUbuntuにインストール

gpsshogi


少し前の話題になりますが、GPS将棋が第19回世界コンピュータ将棋選手権にて優勝しました。
おめでとうございます。
以前このブログでGPS将棋について「Linux向けで一番強そう」と書きましたが、
失礼な話でしたね。

以前はコンパイルの仕方がいまいちわからず諦めたのですが、
有難いことにバイナリ版が登場したので、こちらでインストールしました。
手順に間違えがあればご指摘願います。


| 1. 必要なアプリケーションをインストール

libmono-winforms2.0-cil、wineをsynapticでインストール。
xshogiで動かしたいならxshogiもインストール。
(wineは必要ないのかも)

nautilus-gksu、nautilus-open-terminalもあると便利なのでインストール。
Ubuntuをインストールした後すぐにインストールするソフト(8.10 Intrepid Ibex編)

| 2. GPS将棋、将棋所をダウンロード

ダウンロード - PukiWiki
こちらからgpsshogi-data_20090517.tar.gzとgpsshogi-bin-single-linux-pentium4_20090517.tar.gzを
ダウンロード。
(マルチコアな人はSMP版、64bitな人はamd64版を使うと良いのだと思います)

将棋GUIソフト「将棋所」のページ
こちらから将棋所1.9.2をダウンロード

| 3. OSL_HOME環境変数の設定

使い方/バイナリ版 - PukiWiki
こちらに書いてある通りを出来るだけGUIで。

○ /usr/local/shareを右クリック。
 「管理者で開く」を選んでパスワード入力。
 /usr/local/shareにoslというフォルダを作ります。

○ 端末でOSL_HOME環境変数の設定。

export OSL_HOME=/usr/local/share/osl


○ gpsshogi-data_20090517.tar.gzとgpsshogi-bin-single-linux-pentium4_20090517.tar.gzを
 /usr/local/share/oslに移動して解凍。



| 4. 実行
○ xshogiをインストールしているなら端末で以下。

xshogi -fsp ./gpsshogi



○ GUIに将棋所を使う場合
 落としてきたShogidokoro.zipを解凍して適当な所に移動
 shogidokoroフォルダを右クリックして、「端末の中に開く」を選択
 端末が開くので以下を実行

mono Shogidokoro.exe


将棋所が起動するので「対局」→「エンジン管理」→「追加」から
 /usr/local/share/oslを開きます。 
 oslフォルダを開いても、dateフォルダとnetworkフォルダしか見えません。
 そこで「file name」の欄に"gpsusi"と書いてopenボタンを押すとエンジンに登録されます。

対局しようとするとすぐ落ちてしまいましたが、それ以降はそこそこ安定していると思います。
選手権仕様と比べるとかなり弱いはずなのですが(pcのスペックだけでも天と地ですし)
やっぱり強いですね。ちなみにNPSは20000~60000ぐらい出てます。
僕とは勝負にならないので、思考欄を見ながらどんな手を検索しているかを見ながら楽しんでいます。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

shogiubuntu

Author:shogiubuntu
将棋とubuntuの初級者です。vistaからの離脱組。

windowsに比べ将棋環境が充実しているとは言えないUbuntuですが、
なんとか将棋を楽しめないかと初級者なりに模索するブログです。

できる限りGUIで操作して行きたい。

リンク
RSSリンクの表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

------------
track feed ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。